コラム

退職代行でのトラブル3選!弁護士に依頼するメリットは? コラム

退職代行でのトラブル3選!弁護士に依頼するメリットは?

退職代行に関して、こんなトラブルはありませんか? ・退職代行会社に依頼したのに、会社が退職を認めない ・退職代行を行っても会社から頻繁に連絡が来る ・退職手続きのための書類を会社からもらえない ・退職連絡のみを行っただけで、退職...
国家公務員は退職代行を使えるのか? コラム

国家公務員は退職代行を使えるのか?

公務員の退職代行を適切に扱えるのは弁護士のみ 国や地方公共団体などの職員である公務員は、民間企業と違い、地方公務員法や国家公務員法などが適用され、退職には「許可」が必要となります。 そのため、民間企業を退職するときのように「退職しま...
会社に行きたくない!ブラック企業の退職代行 コラム

会社に行きたくない!ブラック企業の退職代行

こんな状況なら退職を! どんなことがあっても欠勤は許されない 仕事に集中できず、気がつくとぼーっとしている なぜか同じミスを繰り返してしまう 仕事のことを考えると動悸がしたり、吐き気がしたりする 夜...
派遣社員の退職代行に弁護士を使うべき理由 コラム

派遣社員の退職代行に弁護士を使うべき理由

派遣社員も退職代行を利用可能 派遣社員も「労働者」であることはその他の社員の方と同じです。 ですので、正社員や契約社員の方と同じように退職代行を利用して退職することができます。 「派遣先との契約があるからそれまでは絶対に続けろ...
退職引き止めパワハラには弁護士が対応します! コラム

退職引き止めパワハラには弁護士が対応します!

引き止めに関係なく退職は可能です 正社員は2週間前の通告で退職可能 民法第627条により、期間の定めのない雇用契約である正社員は退職の申告をしてから2週間が経過すれば退職が成立します。 労働者には「退職の自由」が認められていますか...
内定の辞退に退職代行を利用 コラム

内定の辞退に退職代行を利用

内定の辞退に退職代行は利用可能 内定承諾書に記載後でも辞退は可能 「内定承諾書」自体に法的な拘束力はありません。 そのため、企業へ内定承諾書を提出したあとでも辞退・就活の継続が可能です。 内定者が内定を辞退する場合、民法62...
退職代行に関するよくある疑問7選! コラム

退職代行に関するよくある疑問7選!

労働者に代わって退職の意思を伝えさまざまな手続きを行ってくれる「退職代行サービス」は、近年注目されています。 そんな退職代行ですが、有給休暇の消化や残業代の請求など分からないことがありますよね。 ここでは、退職代行に関するよくあ...
看護師の退職代行の活用 コラム

看護師の退職代行の活用

看護師は問題なく退職できるのか 看護師の退職状況 正規雇用の看護師の離職率は10%台で、なかでも既卒採用者の離職率は15%前後と高い傾向にあります。 人々の生命に関わり、社会貢献もできる看護師の仕事ですが、退職が多い職業のひと...
ナイトワーク(風俗嬢・キャバ嬢・ホスト)の退職代行 コラム

ナイトワーク(風俗嬢・キャバ嬢・ホスト)の退職代行

ナイトワークの現状 ナイトワークはどういった職業を指すのか ナイトワークとは、風俗、ホストクラブ、キャバクラ、ガールズバーのコンパニオンなど、夜の時間に働くことが多い職業を指します。 ナイトワークにはさまざまな職場や職種があります...
退職代行時の貸与品について コラム

退職代行時の貸与品について

貸与品返却のために出社する必要はない 貸与品は自分で郵送する 勤めていた会社を退職する場合、貸与品返却のために出社する必要はなく、原則として退社日までに貸与品は自分で郵送します。 返却先は人事や総務など職場によってさまざまで、ほと...
タイトルとURLをコピーしました